化粧品でキレイに|肌に合わせた基礎化粧品選びを考える|30代になったら知っておこう
婦人

化粧品でキレイに

婦人

植物の成分を存分に

敏感肌にも優しく使えそうなイメージのあるオーガニックコスメ。オーガニックコスメは、植物の持っている美肌効果成分を存分に体感できる優れものです。オーガニックとは、有機栽培という意味があり、その名の通り、有機栽培によって育てられた植物の成分を使っているのがオーガニックコスメです。たい肥や牛糞といった有機肥料を使用して育てられることによって育った植物は、化学肥料を使った植物と比べるとたくましく育ちます。その分、植物のもつ美容成分も効果が高くなります。そして、その成分を配合したオーガニックコスメを使うことで、自然の力によって、肌を生まれ変わらせることができます。手間をかけて作られている分だけ、美肌効果が期待できます。

合成成分に着目

無添加や天然由来のコスメと書いてあると、オーガニックコスメであると認識してしまう人が多くいます。しかし、実際はオーガニックコスメではありません。無添加化粧品や天然由来の自然派コスメと言われているものには、合成成分が多く含まれています。この合成成分とは、素材のもつ成分を化学的に調整することができるもので、決して肌に悪いわけでありません。しかし、オーガニックコスメとはあくまでも、化学肥料を使わないといった有機にこだわりをもっているので、区別すべきものです。無添加でも、天然由来でも、オーガニックと同じように、期待できる美容効果はあります。なので、コスメにどういった効果を求めるかによって、化粧品を使い分けることが大事です。